コドミン 5歳

多動症は5歳から8歳のお子さんによく見られると言われています。コドミンは多動症に効果的なサプリメントと言われていますが、5歳から8歳のお子さんも飲むことができるのでしょうか?
MENU

5歳や8歳のお子さんにも安心?コドミンの安全性と摂取可能な年齢まとめ

 

子供の落ち着きがない、座っていられない、先生の言うことを聞かないなど、親御さんが頭を抱えたくなる時期は、成長過程の中で必ずあります。

 

しかし、あくまで反抗期と呼ばれている時期など一時的な症状である場合が多く、同じ状態が長期間続くとなると、多動症やADHDなどの発達障害の可能性が出てきます。

 

早いお子さんでは3歳や4歳から発症する場合がありますが、多くの場合は5歳から8歳の小学校就学前から小学2年生くらいのお子さんに多く見られるようになります。

 

しかし、お子さんに上記のような症状が見られたからといって、すぐに決め付ける必要はありません。

 

上述したように、多動症には、成長過程や精神的な要因があり短期間で済む場合と、発達障害などの脳の障害である2パターンの可能性があります。

 

脳の障害である場合は、同じ症状が半年以上続くことが条件であると言われているので、半年を基準にお子さんの観察をすることが大切です。

 

しかし、多動症はご家族や周囲の人々にも影響があり、お子さん本人にも大きなストレスとなります。

 

できることなら治してあげたいと思いますよね。

 

そこで、効果的と言われているサプリメントが、コドミンと呼ばれるアイテムです。

 

コドミンは多動症に効果が期待できるサプリメント

多動症の薬は、脳神経に直接刺激を与える薬が多く、副作用も強いことで5歳から8歳のお子さんには負担になる場合があります。

 

コドミンと呼ばれるサプリメントは、あくまでサプリメントなので薬品ではありません。

 

食品由来のホスファチジルセリンと呼ばれる成分が主成分であり、副作用の心配もないと言われています。

 

ホスファチジルセリンは、大豆から0.03%しか採取できない貴重な成分であり、脳細胞を活性化させることができる成分です。

 

脳細胞を活性化させることによって、集中力や判断力の向上、注意力の増加が期待できるため、これらが不足している多動症のお子さんに効果的だと言われています。

 

多動症のお子さんでなくても、学業や習い事の集中力を高めることができるので、5歳や6歳の小学校就学前のお子さんに飲ませるのも良いかもしれません。

 

5歳から8歳の子供にコドミンを飲ませても大丈夫?

薬品ではないと言っても、サプリメントであるコドミンをお子さんに飲ませる事に抵抗感がある人は多いですよね。

 

そもそも、サプリメントを5歳から8歳のお子さんに飲ませても大丈夫なのか、という疑問を抱く人も多いと思いますが、問題はありません。

 

コドミンは、大豆由来のホスファチジルセリンが主成分のサプリメントなので、副作用などのリスクがありません。

 

大豆アレルギーのお子さんであれば、一度医師に相談することをおすすめします。

 

また、錠剤のようなサプリメントでなく。ラムネ菓子のようなタブレット状のサプリメントです。

 

味もラムネやヨーグルトのような味がするので、薬嫌いなお子さんもお菓子感覚で摂取することができます。

 

基本的にラムネ菓子が食べられるお子さんであればコドミンを飲むことが可能なので、3歳や4歳のお子さんでも問題はありません。

 

しかし、その日の体調や体質によって体調が悪くなる可能性は0ではないので、体調に異変が合った場合はすぐに使用を中止しましょう。

 

最後に

多動症は5歳から8歳の小学校就学前から小学校低学年のお子さんに多く見られると言われています。

 

コドミンはサプリメントなので5歳から8歳のお子さんに飲ませても大丈夫かと不安に思うかもしれませんが、食品由来の主成分なので問題はありません。

 

味もラムネやヨーグルトのような味のタブレットなので、5歳から8歳のお子さんにも美味しく食べてもらうことができます。

 

お子さんとご家族の辛さを解消するためにも、是非お試しください。

 

コドミンについては、公式サイトでさらに詳しく掲載されています。

 

是非参考にしてください。

 

>>コドミンとリパミンPSの違いとは【子供用PSサプリ徹底比較】

このページの先頭へ