コドミン 製造元

通販でしか購入できないコドミンは、いくらお子さんに効果が期待できるとしても不安に感じてしまいます。そこで今回は、コドミンの製造元や主成分など、安全性に関わる点について解説します。
MENU

コドミンの製造元や主成分は?気になる安全性を徹底解説!

 

コドミンは、多動症のお子さんに効果的なサプリメントとして現在注目を浴びています。

 

しかし、購入方法が通販のみということで不安を感じている親御さんも少なくありません。

 

コドミンは海外産のサプリメントではないのか?実際に商品を手にとって見ていないから怖い、子供に通販の情報だけで購入した物を食べさせたくない、そんな親御さんが多く目立ちます。

 

通販でしか購入できないサプリメントと聞くと、確かに怪しい雰囲気がありますよね。

 

しかし、実際にコドミンは、安全性の高いサプリメントとして、多くの親御さんに愛用されています。

 

そこで、今回はコドミンの製造元や安全性について解説をしたいと思います。

 

是非参考にして、購入を検討してみてくださいね。

 

コドミンの製造元は?

コドミンの品質に不安を感じている人がまず疑問に思うのは製造元です。

 

海外製なのか、国内製なのか、それだけで信頼度が大きく異なる人も少なくありません。

 

確かに、海外製のサプリメントは日本と基準が異なるため、不安に感じる方が多いですよね。

 

しかし、ご安心ください。

 

コドミンの製造元は、国内の製薬会社です。

 

国内の製薬会社で製造されたサプリメントは、医薬品レベルで厳しい検査と管理が行われています。

 

私たちが風邪を引いたときに飲む購入する市販薬や、病院で処方される薬とほぼ同レベルの管理が行われていると言って良いでしょう。

 

そのため、厳しい検査と管理によって品質が保たれているため、品質上問題はないと言えます。

 

また、製薬会社なので国内でGMP認定がされている工場で作られていることは間違いありません。

 

GMP認定は安全保証と同等の意味があるので、その点でも安心できるでしょう。

 

GMP認定をしているということはどういうこと?

製造元が国内の製薬会社だからといって、安心できない人も少なからず存在します。

 

そこで説得力になるのは、国内の製薬会社の工場はGMP認定が受けられないと、工場として稼動できないというポイントです。

 

GMP認定とは、「医薬品および医薬部外品の製造管理および品質管理の基準」という意味です。

 

日本には、医薬品や医薬部外品を取り扱う上で、製造管理と品質管理レベルが一定になるために守らなければいけない省令があります。

 

その省令を全てクリアした製薬工場に与えられるのが、GMP認定と呼ばれるものです。

 

つまり、GMP認定を受けている製薬工場=安全な製造管理と品質管理が保証されている製薬工場ということになります。

 

製造元が、国から安全性を認められた製薬工場ということがわかれば、コドミンの品質の安全性も信頼のできるものになりますよね。

 

食品由来の安全な成分を配合

コドミンの主成分は、ホスファチジルセリンと呼ばれる大豆由来の成分です。

 

大豆に0.03%しか含まれていない希少な成分ですが、この成分によって集中力の増加や判断力を高める効果が期待できます。

 

主成分も、私たちが普段口にする食品と同じ成分なので安心できますよね。

 

しかし、大豆由来の成分なので、大豆アレルギーのあるお子さんへの使用は医師の診断を受けてから行いましょう。

 

最後に

いかがでしょうか。

 

製造元や成分は、安全面を気にする上で一番不安に感じられる点です。

 

しかし、コドミンの製造元はGMP認定がされた国内の製薬会社なので、品質管理や製造管理は安全に行われていると言っても良いでしょう。

 

また、主成分も食品由来の成分なため、お子さんにも安心して摂取させることができます。

 

コドミンについては、公式サイトでさらに詳しく掲載されています。

 

購入を検討されている方、興味のある方は是非チェックしてみてくださいね。

 

>>コドミンとリパミンPSの違いとは【子供用PSサプリ徹底比較】

このページの先頭へ