ホスファチジルセリン 食品

ホスファチジルセリンは大豆から採取できる成分です。大豆であれば食品からも摂取することができそうですよね。そこで、今回はおすすめのホスファチジルセリンの摂取方法をご紹介します。
MENU

ホスファチジルセリンは食品から摂れる?おすすめのホスファチジルセリン摂取方法

 

物忘れやうっかりミスを防ぐために有効な成分として、ホスファチジルセリンが現在多くの人に注目されています。

 

ホスファチジルセリンは大豆由来の成分であり、脳細胞の活性化を促すことができる成分と言われています。

 

脳細胞の活性化を促すことで、集中力や判断力の向上、注意力や記憶力を高める効果が期待できます。

 

そのため、物忘れやうっかりミスに悩む高齢者や社会人だけでなく、多動症に悩む4歳から8歳ほどの子供から、受験や部活動を頑張る学生まで、あらゆる人に良い効果をもたらすと言われています。

 

私たちが日頃口にする食品由来の成分なので、とても安心ですよね。

 

安心で嬉しい効果がたくさん備わっているため、まるでスーパーマンのような成分ですが、どのように摂取すれば良いのでしょうか?

 

大豆を食べることで摂取できる?

ホスファチジルセリンは大豆由来の成分なので、大豆を摂取すれば良いと考える人が多いと思います。

 

大豆は身近な食品に多く含まれていますよね。

 

味噌や醤油、納豆、豆腐、豆乳など、少し考えただけでも大豆が含まれた食品はいくつも思い浮かぶはずです。

 

ビタミンや食物繊維のように食品から摂取することができれば、お金もそこまでかからず気軽にできますよね。

 

しかし、食品からホスファチジルセリンを摂取することはまず不可能だと思ってください。

 

ホスファチジルセリンは、大豆からわずか0,03%しか採取できない希少な成分です。

 

つまり、一個あたりの大豆に0.03%しか含まれていないので、効果を実感できる量を摂取するには、1日では到底食べきれない程の大豆を摂取しなければいけません。

 

「大豆だけ食べれば良いんでしょ?」と頑張ることができる人もいるかもしれませんが、大豆食品を多量に摂取することは逆に体調を崩してしまう危険性もあります。

 

大豆にはイソフラボンと呼ばれる成分も含まれていますが、イソフラボンの過剰摂取はホルモンに悪影響を及ぼす可能性もあり、体調不良に繋がる恐れがあります。

 

しかし、体調面を考慮して1日に適切な量の大豆を最大限摂取したとしても、到底ホスファチジルセリンを十分に摂取することができないのです。

 

では、どのようにすれば良いのでしょうか?

 

効率良く摂取するにはサプリがおすすめ!

食品からホスファチジルセリンを摂取することは、ほぼ不可能ということがわかりました。

 

ホスファチジルセリンの摂取方法としておすすめなのが、サプリを飲むということです。

 

ホスファチジルセリンは近年かなり注目を浴びており、ホスファチジルセリンのサプリはたくさんの企業から販売されています。

 

1日の摂取量を約100mgとして、1日1粒から2粒飲むアイテムが多く、手軽に摂取できる点もとても魅力的です。

 

食品からホスファチジルセリンを100mg摂取しようとすると、本当に気が遠くなる程の量を食べないといけないので、効率良く摂取するにはサプリが一番効果的だと言えます。

 

コドミンのような、ラムネ菓子に似せた子供の用のサプリも販売されているので、是非お子様用に検討してみてはいかがでしょうか。

 

最後に

いかがでしょうか。

 

ホスファチジルセリンは大豆由来の成分ですが、大豆からわずか0.03%しか採取できないので、食品からホスファチジルセリンを摂ろうとすると気が遠くなるような量を食べないといけません。

 

効率良く摂取するためにも、サプリメントの使用をおすすめします。

 

サプリメントであれば、1粒から2粒で100mgのホスファチジルセリンを摂取することができるので、とても手軽です。

 

普通の錠剤のサプリメントから、子供用のお菓子みたいなサプリメントまで種類は豊富なので、是非試してみてください。

 

>>コドミンとリパミンPSの違いとは【子供用PSサプリ徹底比較】

このページの先頭へ